パート2:ブラウザーのキャッシュを管理するためにIncludeメソッドを使用してApache 2サーバーをセットアップする方法

記事で ポータブルメソッドを使用してブラウザキャッシュを管理するようにApache 2サーバーを設定する方法 移植可能な方法を使用してApache2サーバーをセットアップする方法を学びました。この記事は、最初の記事の拡張として書かれており、Includesメソッドを介してApache2サーバーを設定してキャッシュを制御する方法を示しています。.


この手法は、強力なApache Includeの有効性を活用します。これは、Apacheが起動時にインクルードファイルを読み取れるようにすることで、入力/出力の欠点を防ぎます。この方法は、次の2つの優れた手法に分類されます。 ウェブサイトごと そして グローバルインクルード.

どちらの方法でも、Apacheサーバー上の特定のインクルードファイルにアクセスして修正します。サーバー管理ソフトウェアとディストリビューションに応じて変更される特定のファイル。このため、さまざまなCentOSサーバー上の各メソッドの特定の場所について説明します.

前提条件:

mod_headers そして Mod_expires モジュールを検証する必要があります。これらのモジュールを確認する方法については、この記事を確認してください.

グローバルインクルード

これは、サーバー全体で必要な構成ディレクティブを有効にすることができる簡単な方法です。 mod_expiresディレクティブがグローバルに実装されると、Apacheで実行されているすべてのWebサイトに影響します.

コア管理のCentOS6 & CentOS7サーバー

これらのサーバーに構成ディレクティブを実装するには:

  • 次のコマンドを実行します。

$ vim /etc/httpd/conf.d/expire.conf

このコマンドは、locations / etc / httpd / conf.d /にexpires.confという名前のファイルを作成します.

  • このファイルにディレクティブを追加して、内容が次のようになるようにします。

#モジュールをオンにする.
ExpiresActive on
#デフォルトの有効期限を設定する.
ExpiresDefault "アクセスプラス2日"
ExpiresByType image / jpg "アクセスプラス1か月"
ExpiresByType image / gif "アクセスプラス1か月"
ExpiresByType image / jpeg "アクセスプラス1か月"
ExpiresByType image / png "アクセスプラス1か月"
ExpiresByType text / javascript "アクセスプラス1か月"
ExpiresByTypeアプリケーション/ JavaScript "アクセスプラス1か月"
ExpiresByType application / x-shockwave-flash "アクセスプラス1か月"
ExpiresByType text / css "今プラス1ヶ月"
ExpiresByType image / ico "アクセスプラス1か月"
ExpiresByType image / x-icon "アクセスプラス1か月"
ExpiresByType text / html "アクセスプラス600秒"

  • 変更を保存し、次のコマンドを実行してApacheサーバーをリロードします。

サービスhttpdリロード

Fullymanaged CentOS6およびCentOS7 cPanelサーバー

  • 以下のコマンドを実行して、ディレクトリ/ usr / local / apache / conf / includes /にあるpre_virtualhost_global.confというファイルを作成します.
    $ vim /usr/local/apache/conf/includes/pre_virtualhost_global.conf
  • 特定のディレクティブをすべてこのファイルの下部に追加し、すべての変更を保存します。そのファイルの下部は次のようになります。

    #モジュールをオンにする.
    ExpiresActive on
    #デフォルトの有効期限を設定する.
    ExpiresDefault "アクセスプラス2日"
    ExpiresByType image / jpg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / gif "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / jpeg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / png "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / javascript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByTypeアプリケーション/ JavaScript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType application / x-shockwave-flash "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / css "今プラス1ヶ月"
    ExpiresByType image / ico "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / x-icon "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / html "アクセスプラス600秒"

  • 次に、次のコマンドを使用してApacheを再起動します。
    #/ scripts / restartsrv_apache

または、EasyApache 4を使用している場合は、次のコマンドを実行してApache PHP-FPMを再起動します。

#/ scripts / restartsrv_apache_php_fpm

フルマネージドのCentOS7 Plesk Onyx 17 Linuxサーバー

  • 次のコマンドを実行します。

$ vim /etc/httpd/conf.d/expire.conf

このコマンドにより、/ etc / httpd / conf.d /にexpires.confという名前のファイルが作成されます

  • 次に、ファイルに特定のディレクティブを含めます。ファイルの内容は次のようになります。

    #モジュールをオンにする.
    ExpiresActive on
    #デフォルトの有効期限を設定する.
    ExpiresDefault "アクセスプラス2日"
    ExpiresByType image / jpg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / gif "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / jpeg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / png "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / javascript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByTypeアプリケーション/ JavaScript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType application / x-shockwave-flash "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / css "今プラス1ヶ月"
    ExpiresByType image / ico "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / x-icon "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / html "アクセスプラス600秒"

  • 変更を保存し、次のコマンドを使用してApacheサービスを再起動します。

$サービスhttpd再起動

これでグローバルインクルードメソッドはすべて終了しました。次に、ウェブサイトごとのインクルードメソッドを使用して構成ディレクティブを実装します.

ウェブサイトごとのインクルード方法

ブラウザのキャッシュは、各仮想ホストレベルに基づくIncludeメソッドを使用して有効にすることもできます。ここでは、HTTP:ポート80とHTTPS:ポート443の2つの仮想ホスト接続を持つWebサイトの例を使用します。したがって、各ホストは独立して動作するため、HTTPホストで行われた変更は他のHTTPSホストに直接適用されません。.

コア管理のCentOS6およびCenstOS7サーバー

Webサイトごとにブラウザキャッシュを含めるように実装するには、デフォルトのSSL Webサイト構成ファイルを使用します。ただし、コア管理対象サーバーでのWebサイト管理の正確な手法は、最適な方法に応じて変更できます。以下の手順に従ってください:

  • 以下のコマンドを実行して、特定のWebサイトの構成ファイルを開きます。
    $ vim /etc/httpd/conf.d/ssl.conf
  • 次に、構成ファイル内を検索して、そのWebサイトに関連付けられている特定の仮想ホスト行を見つけます。仮想ホストの行は次の例のようになります。

  • 2つの仮想ホスト行の間に構成ディレクティブを追加して、次のような結果を取得します。

    #モジュールをオンにする.
    ExpiresActive on
    #デフォルトの有効期限を設定する.
    ExpiresDefault "アクセスプラス2日"
    ExpiresByType image / jpg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / gif "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / jpeg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / png "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / javascript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByTypeアプリケーション/ JavaScript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType application / x-shockwave-flash "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / css "今プラス1ヶ月"
    ExpiresByType image / ico "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / x-icon "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / html "アクセスプラス600秒"

  • 以下のコマンドを実行して、Apacheサービスを再起動します。
    $サービスhttpd再起動

フルマネージドのCentOS6およびCentOS7 cPanelサーバー

cPanelは、Apacheの動作を変更するために利用できる包括的なテンプレートスイートを提供する優れたツールです。ただし、アップグレード、更新、再起動を通じて変更が確実に保持されるようにするには、特定の構造が必要です。 EasyApache 4システムとEasyApache 3システムで同じように機能する構造.

また、各Webサイトは、インクルードファイルの独自のセットに対応できます。固有のインクルードファイルは次の場所に配置する必要があります

HTTPS仮想ホストの場合:

/etc/apache2/conf.d/userdata/ssl/2_4///.conf

HTTP仮想ホストの場合:

/etc/apache2/conf.d/userdata/std/2_4///.conf

以下の変数はそれに応じて修正する必要があります。

  • ユーザー:このコンポーネントを目的のアカウント名に置き換えます
  • ドメイン: これを正確なdomain.tld Webサイトの名前に置き換えます。プレフィックスwwwを含めないでください..
  • INCLUDENAME: これは、目的を反映するこの特定のインクルードファイルの特定の名前に置き換える必要があります。たとえば、expires.conf

注意:

上記のディレクトリはデフォルトでは存在しないため、作成する必要があります.

  • ディレクトリを作成するには、正しい詳細を取得してから、次のようにmkdir -pコマンドを使用する必要があります。

HTTPS仮想ホストの場合:

$ mkdir -p /etc/apache2/conf.d/userdata/ssl/2_4/myuser/example.com/

HTTP仮想ホストの場合:

$ mkdir -p /etc/apache2/conf.d/userdata/std/2_4/myuser/example.com/

  • ディレクトリを作成したら、インクルードファイルを作成し、それにexpires.confという名前を付けます。次のコマンドを使用します。

    #モジュールをオンにする.
    ExpiresActive on
    #デフォルトの有効期限を設定する.
    ExpiresDefault "アクセスプラス2日"
    ExpiresByType image / jpg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / gif "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / jpeg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / png "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / javascript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByTypeアプリケーション/ JavaScript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType application / x-shockwave-flash "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / css "今プラス1ヶ月"
    ExpiresByType image / ico "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / x-icon "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / html "アクセスプラス600秒"

  • 次に、cPanelに新しいインクルードの実装に必要な構成を再構築するように指示します。
    / usr / local / cpanel / scripts / rebuildhttpdconf
  • それが完了したら、Apacheサービスを再起動して、実行中のすべての構成を更新します。
    / usr / local / cpanel / scripts / restartsrv_apache
  • EasyApache4を使用している場合は、PHP-FPMシステムを再起動する必要があります。以下のコマンドを使用します。
    / usr / local / cpanel / scripts / restartsrv_apache_php_fpm

フルマネージドのCentOS7 Plesk Onyx 17 Linuxサーバー

ここでは、yourwebsite.comを正しいドメイン名minux the wwwに置き換えます。接頭辞.

  • 以下のコマンドを使用して、インクルードファイルを作成します。

HTTPS:

$ touch /var/www/vhosts/system/example.com/conf/vhost_ssl.conf

HTTP:

$ touch /var/www/vhosts/system/example.com/conf/vhost.conf

  • vhost_ssl.confおよびvhost.confを正しいmod_expiresディレクティブに置き換えます。各ファイルは次のようになります。

    #モジュールをオンにする.
    ExpiresActive on
    #デフォルトの有効期限を設定する.
    ExpiresDefault "アクセスプラス2日"
    ExpiresByType image / jpg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / gif "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / jpeg "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / png "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / javascript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByTypeアプリケーション/ JavaScript "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType application / x-shockwave-flash "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / css "今プラス1ヶ月"
    ExpiresByType image / ico "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType image / x-icon "アクセスプラス1か月"
    ExpiresByType text / html "アクセスプラス600秒"

  • Webサイトに必要な構成を再構築するようPleskに指示します。

/ usr / local / psa / admin / sbin / httpdmng –reconfigure-domain example.com

  • それが完了したら、Apacheサービスを再起動します。
    $サービスhttpd再起動

結論

それだ! includeメソッドを使用して、Apache 2サーバーをインストールおよび構成し、ブラウザーのキャッシュを管理しました。.

これらの上位3つの最高のWebホスティングサービスをチェック

FastComet

開始価格:
$ 2.95


信頼性
9.7


価格
9.5


使いやすい
9.7


サポート
9.7


特徴
9.6

レビューを読む

FastCometにアクセス

A2ホスティング

開始価格:
$ 3.92


信頼性
9.3


価格
9.0


使いやすい
9.3


サポート
9.3


特徴
9.3

レビューを読む

A2 Hostingにアクセス

ChemiCloud

開始価格:
$ 2.76


信頼性
10


価格
9.9


使いやすい
9.9


サポート
10


特徴
9.9

レビューを読む

ChemiCloudにアクセス

関連するハウツー記事

  • Includeメソッドを使用してApache 2サーバーを設定し、ブラウザのキャッシュを管理する方法
    中間
  • パート1:ブラウザのキャッシュを管理するためのポータブルな方法を使用してApache 2サーバーをセットアップする方法
    中間
  • Ubuntu 18.04 VPSまたは専用サーバーにApache Cassandraをインストールする方法
    中間
  • 同じUbuntu VPSまたは専用サーバーでNginxとApacheを一緒に構成する方法
    中間
  • CentOS 7 VPSまたは専用サーバーでApache Webサーバーを強化する方法
    専門家
Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me