MYSQL 8.0をインストールしてCentOS 7 Linux VPSまたは専用サーバーにデータベースを作成する方法

前書き

MySQLは、世界で最も広く使用されているオープンソースデータベースプラットフォームの1つです。コミュニティバージョン(無料)とエンタープライズ環境(有料)の両方で利用でき、エンタープライズ環境向けの機能が増えています.


MySQLはリレーショナルデータベースシステムであり、 構造クエリ言語 (SQL) リレーショナルデータベースを管理するためのコマンド[SELECT、CREATE TABLE、UPDATE、DELETE、INSERT、DROP TABLEなど]。このチュートリアルでは、MySQL 8.0 Communityバージョンをインストールする方法を示します。これは、非常に強力な機能を備えた、最新のバージョンですが、セットアップと使用が非常に簡単です。次に、MySQLルートパスワードを取得して変更し、CentOS 7 Linux VPSでデータベースを作成する方法を示します.

MySQLのインストール

CentOS 7にインストールされている場合、MariaDBパッケージを削除/アンインストールします。

$ sudo yumはmariadbを削除しますmariadb-server

構成ファイルの削除/削除

$ sudo rm -rf /etc/my.cnf /etc/my.cnf.d

MySQL 8.0リポジトリを追加する

MySQL 8.0インストール用のリポジトリをダウンロードするコマンドを実行します.

$ cd / usr / local / src
$ sudo wget https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm

MySQL 8.0サーバーをインストールしてMySQLサービスを開始する

$ sudo yum install mysql-server
$ sudo systemctl start mysqld

root(MySQLデータベースユーザー)のデフォルトパスワードを取得する

一時的なrootパスワードは通常、mysql-serverのインストール中に生成され、MySQLエラーログファイルに保存されます。.

MySQLログファイルの場所については、メインのMySQL設定ファイルを確認してください.

$ sudo vim /etc/my.cnf

my.cnf構成ファイルの出力例

#設定の変更方法に関するアドバイスについては、
#http://dev.mysql.com/doc/refman/8.0/en/server-configuration-defaults.html

[mysqld]

#先頭の#を削除し、最も重要なデータのRAM容量を設定します
#MySQLのキャッシュ。専用サーバーの合計RAMの70%から始め、それ以外は10%.
#innodb_buffer_pool_size = 128M

#先頭の#を削除して、非常に重要なデータ整合性オプションを有効にします:ロギング
#バックアップ間のバイナリログの変更.
#log_bin

#先頭の#を削除して、主にレポートサーバーに役立つオプションを設定する.
#サーバーのデフォルトはトランザクションとSELECTの方が速い.
#必要に応じてサイズを調整し、最適な値を見つけるために実験します.
#join_buffer_size = 128M
#sort_buffer_size = 2M
#read_rnd_buffer_size = 2M

#先頭の#を削除して、default_authentication_pluginの以前の値に戻します,
#これにより、古いクライアントとの互換性が向上します。背景については、以下を参照してください。
#https://dev.mysql.com/doc/refman/8.0/en/server-system-variables.html#sysvar_default_authentication_plugin
#default-authentication-plugin = mysql_native_password

datadir = / var / lib / mysql
socket = / var / lib / mysql / mysql.sock

log-error = / var / log / mysqld.log
pid-file = / var / run / mysqld / mysqld.pid

次の行に注意してください:log-error = / var / log / mysqld.log

ログファイルの場所は/var/log/mysqld.logです。

以下のコマンドを実行してパスワードを取得します。

$ more /var/log/mysqld.log |一時的なグレップ

出力例

[linuxuser @ centos7-hostadvice4〜] $ more /var/log/mysqld.log |一時的なグレップ
2018-06-11T14:14:13.216928Z 5 [注意] [MY-010454] [サーバー] root @ localhostの一時的なパスワードが生成されます:u)shs5&cOn5m

MySQLデータベースを作成する

MySQLサーバーにrootとしてログインします。

$ mysql -u root -p

プロンプトにrootの一時パスワードを入力します.

次に、ルートパスワードを変更します

mysql> ALTER USER ‘root’ @ ‘localhost’ IDENTIFIED BY ‘MyNewPasswword2018&* ‘;

「myfirstdb」という新しいデータベースを作成します

mysql> CREATE DATABASE myfirstdb;

mysql-server内のすべてのデータベースを一覧表示します

mysql> データベースを表示;

出力例

[linuxuser @ centos7-hostadvice4〜] $ mysql -u root -p
パスワードを入力する:
MySQLモニターへようこそ。コマンドは;で終わります。または\ g.
MySQL接続IDは11です
サーバーのバージョン:8.0.11

Copyright(c)2000、2018、Oracleおよび/またはその関連会社。全著作権所有.

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。
アフィリエイト。その他の名称は、それぞれの商標です。
所有者.

「ヘルプ」と入力します。または ‘\ h’を使用してください。現在の入力ステートメントをクリアするには、「\ c」と入力します.

mysql> ALTER USER ‘root’ @ ‘localhost’ IDENTIFIED BY ‘MyNewPasswword2018&* ‘;
クエリは正常、0行が影響を受けた(0.07秒)

mysql> CREATE DATABASE myfirstdb;
クエリは正常、1行が影響を受けた(0.06秒)

mysql> データベースを表示;
+——————–+
|データベース|
+——————–+
| information_schema |
| myfirstdb |
| mysql |
| performance_schema |
| sys |
+——————–+
セット内の5行(0.14秒)

mysql> 終了する;
バイバイ

結論

これで、最も重要な部分(つまり、最新バージョンのMySQLサーバーのインストールとデータベースの作成)を実行できるようになりました。次のステップは、データベースを好きなように操作するために、より多くのMySQLコマンドを実行する方法を学ぶことです。これには、新しいmysqlユーザーの作成、ユーザー特権の付与、データベースでのテーブルの作成、テーブルへのレコードの挿入と更新、テーブルからレコードを取得するためのクエリの作成、その他多くの機能が含まれます。コマンドラインからデータベースをバックアップおよび復元する方法を学ぶことも検討する必要があります.

以下の上位3つのVPSサービスを確認してください。

[トップ企業カテゴリ="vps"

関連するハウツー記事

  • CentOS 7で監視するためにMySQLに対してProxySQLを実行する方法
    中間
  • CentOS 7 VPSまたは専用サーバーにphpMyAdminをインストールする方法
    中間
  • CentOS 7サーバーでMySQL 8.0のパフォーマンスを調整および最適化する方法
    専門家
  • 新しいMySQLユーザーアカウントを作成し、MySQL権限を管理する方法
    初心者
  • WindowsクライアントからCentOS 7 VPSにSSHを設定する方法
    中間
Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me